カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

事例 その2

お母様の思い出を姉妹で共有するペンダント

リフォーム・オーダー事例 ヒスイペンダント

M様とI様が姉妹おふたりで持ってこられたヒスイを初めて見たとき、正直なところ仰天しました。元は楕円形であったろう彫板が、ものの見事に真ん中からカットされてまっぷたつ。ふたつのかまぼこ型になっていたのです。

このヒスイは、おふたりのお母様がお亡くなりになって、残されたもの。きっと、元は帯留だったのでしょうが、戦時中に供出されたのでしょうか、金具部分はなく、ヒスイのみの姿だったそうです。

このヒスイを、お母様の思い出に「ぜひ欲しい。」とおふたりともが思い、どうするか考えた末、半分にカットすることを思いついたそう。石をカットするよう頼まれた職人さんも、「こんなことをする人はいない!」とびっくりされたそうです。

そして、おふたりは、このヒスイをペンダントにして身に着けたいと、当店に持ってこられたのでした。

補強の意味もかねて、ヒスイの形に合わせた座をつくり、上部にパイプ状のカンをつけたデザインに。断面部分は、かなり薄くなっているところもあり、作業中に石を割ってしまうのではないかと、なかなか神経を使いましたが、モダンに仕上がりました。

本来、せっかくの大きな石をふたつにカットするようなことは、お勧めできることではありません。価値がぐんと下がってしまうからです。

でも、お納めしたときのおふたりのうれしそうな表情を見たとき、このおふたりにとっては、お母様の石を半分ずつ同じデザインのペンダントにして持つという、この形が、何よりも価値のあることなのだと、私たちも確信できたのです。

リフォーム・オーダー事例 ヒスイペンダント

裏側:透かしの部分の邪魔をしないように、それぞれ補強の橋を渡してあります。

*リフォーム・オーダーの事例については、ブログにも随時掲載しています。あわせてごらんください。

ページトップへ